一級建築士事務所
栗原健一建築事務所
CONTENTS
建築計画等のご相談等をお気軽にお寄せ下さい。
(上の「お問合せ」ボタンのメールフォームをご利用下さい)

「伽藍工房」は栗原の主宰する設計・工事監理サイトの名称です。1970頃に東中野に実在した古い民家を改修した今で言うシェアハウスが由来です。建築士等を目指す学生が1969年から4年間共同生活を送りました。

▲#6号掲載中(2012/4/10)
▲連載第3回掲載中
▲当事務所も参加
建築トラブルのネット無料相談ができます。





  栗原健一
写真作品ギャラリーサイト
パガン遺跡保存
調査運動の呼びかけ
 

TOPICS

東京リクシルショールームでの建築よろず相談
毎月第2土曜日の14:00〜 です。
まれに開催日が変更されることがありますので、
下記機構のサイトでご確認ください。

主催:一般社団法人 建築よろず相談支援機構



一時話題になったマンション傾斜問題ですが、小規模建築でも
このような不適切工事を防止するには、工事監理が重要です。
また、当事務所の「工事現場ビデオ撮影・映像記録サービス」
有効な手段です。
 

 
栗原健一の「家づくりNET講座」
第3回「設計者を選び設計者と共に設計開始」
を掲載しました。


詳しくはこちら


建物を長く、安全に維持していくため、
建築士による保守管理という新しい業務メニューを追加しました。

詳しくはこちら









構造計算書偽造問題に関する当事務所の見解
2005/12/21掲載
(2017年現在も指摘が正しかったとの確信から掲載を継続)

 


住宅に関わる新しい環境配慮、省エネルギーの先進技術「燃料電池」導入のすすめ

当事務所では戸建て住宅新築・改修時に、「燃料電池」による発電,給湯システム
「エネファーム」を組み込んだ設計を提案します。


エネファーム」は東京ガスが開発した家庭用燃料電池で、都市ガスから水素を取り出して空気中の酸素と科学反応させて発電し、その際発生する熱を利用してお湯を作るという、とても進んだ新しいシステム。
導入コストはまだかなり掛かりますが、国からの補助金もでます。



本サイトに掲載の作品写真、図版は栗原健一若しくはその関係者が著作権を有しています。
2013.4.1 リニューアル開設